スマホが壊れた!そうなる前に事前に知っておこう

>

コピーなど、データのバック態勢を万全に

パソコンにデータをバックアップする

修理に出す際は、スマホ内部のデータをバックアップしましょう。

難しい作業ではありません。
いつも充電に使用しているケーブルを抜き、パソコンのUSBコネクターに差し込んでください。
パソコンがスマホを認識し、自動的にフォルダを表示します。

スマホ内のデータが見られるようになったら、そのまま、パソコン上にデータファイルをコピーすれば完了です。
専用のフォルダを準備して、そこにコピーをしたほうが賢明でしょう。

取り込んだ音楽データや撮った写真、メールや作成したテキストなどに有効です。
アプリなどは、残念ですが、もう一度、ストアからダウンロードしなくてはなりません。
プレイ途中のゲームなどのデータについては、大抵、ゲームのサーバー上などに保存されているので、修理に出しても消されるようなことはありません。

SDカードやクラウドも利用しましょう

スマホの脇にはSDカードを差し込むためのスリットが用意されています。
そこにメディアを差し込めば、データを移動させることができます。

最近はクラウド上に、データがバックアップされる機能のついたアプリも多いようです。
クラウドとは、ネット上にあるサービスを端末で使う機能で、アプリも本体内にダウンロードせずとも、直接、引っ張ってきて使うことができます。
スマホで撮った写真のデータもそちらにバックアップされ、見たい時はパソコンからでも見ることができるのです。

クラウドを利用すれば、修理の時にいちいちデータを移して、修理に備えなくてもいいのです。

修理に出すときだけでなくて、常日頃からバックアップをとっておけば、いざという時、データを移動させるデータ量も少なくてよく、楽に済ませられるでしょう。
しかも、容量がいっぱいになって、写真が撮れない、メールも作成できない、なんて事態に陥らなくてすみます。


この記事をシェアする